競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

中央レース&成績

 

2021年1月17日  1回中京6日目

中京
11R
日経新春杯 GII
2200m  4歳以上  オープン   国際  16頭 
ハンデ /  15:35発走 
本賞金:5700、2300、1400、860、570

前走・重賞組

前走G1で7着以内か芝2000mのG2・G3で5着以内が好走条件

前走G3組は[0.4.1.30]、G2組は[1.1.4.20]で、計[1.5.5.50]。馬券に絡んだ11頭のうちうち8頭が前走・芝2000m重賞、同じく8頭が前走5着以内(勝ち馬から0.3秒差以内)だった。狙うなら該当馬だが、いずれにせよ馬券のアタマより連軸向きだろう。前走G1組は[6.0.1.20]。菊花賞組が[3.0.0.6]、有馬記念組が[2.0.1.4]で中心を担う。前走7着以内で[6.0.0.3]、今回1〜2番人気で[5.0.1.3]と信頼感は抜群だ。

前走・条件戦〜オープン組

前走条件戦の昇級馬は、人気と騎手の乗り替わりが取捨のポイント

前走がオープン特別だった馬は[0.0.1.21]と不振。むしろ[1.1.1.2]の2勝クラス組、[2.4.2.20]の3勝クラス組が計[3.5.3.22]で、勝率9.1%をマークしている。この組は前走1〜2番人気で[2.4.1.11]、前走1着で[2.5.2.6]、今回1〜2番人気で[2.3.0.1]。たとえ昇級戦でも評価の高い馬、調子のいい馬は侮れない。また前走と同じ騎手が乗ると[0.3.1.5]なのに対し、乗り替わりがあると[3.2.2.17]と勝つチャンスが広がる。

枠・脚質

内枠に入った差し馬が主力。人気サイドの先行馬なら外枠でも買える

1〜4枠が計[8.6.5.42]で勝率13.1%。勝った8頭のうち6頭は道中5〜11番手に控えていたし、前走4コーナー10番手以下だった馬が[4.1.1.10]で勝率25.0%。内枠に入った差し馬は最有力といえる。5〜8枠は計[2.4.5.71]、勝率は2.4%。勝った2頭(いずれも6枠)は前走4コーナー通過4番手、今回4コーナー3番手からの押し切りという先行タイプだった。連対した6頭は1〜5番人気だったので、人気サイドでないと買いづらい。

性齢

4歳の人気サイドが抜群の安定感。7歳以上の高齢馬は用なし

牝馬は[0.1.1.7]。2年続けて馬券に絡んだフーラブライド以外は全滅だ。以下、牡馬・セン馬に限定して年齢別成績を見ていくと、[8.4.1.18]で勝率25.8%の4歳勢が大幅リード。1〜3番人気なら[6.4.1.3]とさらに安定感を増し、6番人気と10番人気でも勝利していて激走も期待できる。5歳勢は[1.4.3.22]。6歳勢は[1.1.5.26]で、いずれも勝率は3.0%前後、買うなら2〜3着候補。7歳以上は[0.0.0.40]で、さすがに苦しい。

※馬券アシストについて
馬券アシストは、中央競馬は有料(月額500円+税)で、地方競馬は無料です。
馬券アシストの有料会員にご登録いただきますと、次の情報を閲覧していただくことができます。ログインして閲覧ください。
[JRAのリアルタイムオッズ] [スピード指数] [コース有利データ] [異常オッズ監視]
スピード指数は「ALGO SPEEDER」によります。コース有利データは「血統クロスオーバーX」によります。異常オッズ監視の過去データは、一週間分までとなります。

※オッズの更新について
中央競馬の前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
中央競馬のオッズの更新は、馬券アシストに登録していない場合、各レースの2時間前、30分前、10分前となります。

前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
直前情報は、重賞レース限定(障害レースを除く)で、全馬の厩舎関係者コメントを掲載します。
結果・成績・オッズ・配当などの情報は、かならず主催者発行の情報と照合してご確認ください。

情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、競馬最強の法則WEBおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。