競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

中央レース&成績

 

2019年2月10日  2回京都6日目

京都
11R
京都記念 GII
2200m  4歳以上  オープン   国際  12頭 
別定 /  晴  15:35発走 
本賞金:6200、2500、1600、930、620

ステイフーリッシュ

 デビュー2戦目で挑戦したG1ホープフルSで3着と早くから高い能力を示したが、続くG3共同通信杯は、マイナス12キロの馬体減が祟ったか10着と大敗。間隔をあけて迎えたG2京都新聞杯は、プラス16キロと馬体も回復すると、2番手から抜け出し、初重賞勝ち。勢いをつけてG1日本ダービーに向かうも、10着と敗れている。  秋の目標であるG1菊花賞も11着。結局クラシックでは不振だったが、G1以外なら力量上位で、G3チャレンジCは3着と好走。そして前走のG3中山金杯は、序盤こそ後方につけていたが、向正面で番手を上げ3コーナーでは好位に進出。直線で逃げたタニノフランケルを交わせば勝利というところだったが、ウインブライトの追撃に遭い2着と惜敗した。  G2京都記念は、勝った京都新聞杯と同じコース。前走以上の結果を期待していい。

タイムフライヤー

 ホープフルSを勝ち、2歳で早くもG1ウイナーに。当然クラシック候補に挙げられたが、オープン若葉Sで単勝1.2倍の断然人気を裏切ると、春のクラシック2戦は見せ場なく終わっている。  秋初戦のG2神戸新聞杯も6着に終わり、G1菊花賞も6着。ただ4着のブラストワンピースがG1有馬記念1着、5着グローリーヴェイズがG2日経新春杯1着と、目前の馬が次戦で活躍しており、菊花賞の6着は褒められる結果だ。この一戦で期待感も高まり、2番人気に推されたG3中山金杯だったが5着敗退。だが向正面でまくって行ったステイフーリッシュを追いかけ、勝ち馬から0.2秒差なら悪くはない。  得意コースの京都で、久々に上位進出を期待したい。

ダンビュライト

 3歳時はG1皐月賞3着、G1日本ダービー6着、G1菊花賞5着とクラシックで健闘。4歳になって初戦のG2アメリカJCCでは、初重賞タイトルを手にしている。  夏のG1宝塚記念は5着。G2オールカマーでも3着に入り、昨秋のG1戦線でも上位を窺える位置にいたが、G1天皇賞・秋はテンションが上がり、返し馬で放馬。結局競走除外となってしまった。続くG3チャレンジCもゲート内で落ち着かず、スタートで出遅れ。普段とは違う後方からの競馬になり、最後に伸びてきたものの勝ち馬から離された4着。2連覇を目指したアメリカJCCは好位につけ自分のスタイルに持ち込んだが、直線で伸び悩み6着。  ハッキリしないレースが続ているが、本来の力はこんなものではない。騎乗時2戦2勝の松若騎手鞍上で、再度期待したい。

ノーブルマーズ

 G2デイリー杯2歳Sで3着、オープン若駒Sでマカヒキの2着と早くから頭角をあらわしていたが、条件クラスを卒業するのに時間がかかり、昨年1月の1600万迎春Sを勝ち、5歳になってオープンクラス入りを果たしている。  その後も勝利こそないものの、強豪を相手に善戦。G2目黒記念では2着。そしてノーブルマーズのキャリアハイとなったG1宝塚記念。中団から脚を伸ばすと、しぶとく3着に入線。ヴィブロス、サトノダイヤモンド、キセキらG1馬に先着している。G1ジャパンCは世界レコード決着で何もできなかったが、G2日経新春杯では巻き返し。中団からじわじわ脚を伸ばし4着に入っている。  ジャパンCのような高速決着は厳しいが、時計のかかるレースになれば、この馬の出番。今の京都は合うはずだ。

パフォーマプロミス

 デビューから3連勝。その後は伸び悩んだ時期もあったが、昨年のG2日経新春杯で重賞を勝ちをおさめると軌道に乗り、G2目黒記念でも3着に入線している。  2つ目の重賞勝ちとなったG2アルゼンチン共和国杯は、上り3F11秒1−11秒0−11秒2の強烈な高速上り決着。以前のパフォーマプロミスには向かないと思われるレースだが、中団から上り3F32秒6の瞬発力を繰り出し、見事な差し切り。更なる成長を感じさせ、G1有馬記念も期待されたが、全く見せ場のないまま14着大敗。雨が降ったことで、末脚を殺されたのが痛かったか。  宝塚記念、有馬記念のように渋った馬場では厳しいが、良馬場では安定している馬。昨年の日経新春杯を勝っているように、京都も得意だ。

マカヒキ

 3年前のG1ダービー馬。この年の秋には、日本馬初のG1凱旋門賞制覇を目指したが、14着と大敗。以降は急降下し、4歳時に馬券圏内に入ったのはG2京都記念3着のみ。G1では掲示板に載るのが精いっぱいだった。  それでもファンからの期待感は衰えず、8か月の長期休養明けだったG2札幌記念は1番人気。得意とは思えぬ洋芝の稍重馬場にもめげず、直線で力強く抜け出し久々の勝利へ向けて突進したが、サングレーザーとの追い合いの結果、僅かハナ差の悔しい2着。それでも、この一戦で復活ムードは上昇。ダービーを勝った東京コースと舞台も整った天皇賞・秋は絶好のチャンスだったが、見せ場も無い7着で期待感は萎んでしまい、G1有馬記念も10着といいところがなかった。  状況は厳しくなりつつあるが、G2ならばまだまだ勝ち負けできる力はある。何とかダービー馬の輝きを取り戻してもらいたいものだ。

※馬券アシストについて
馬券アシストは、中央競馬は有料(月額500円+税)で、地方競馬は無料です。
馬券アシストの有料会員にご登録いただきますと、次の情報を閲覧していただくことができます。ログインして閲覧ください。
[JRAのリアルタイムオッズ] [スピード指数] [コース有利データ] [異常オッズ監視]
スピード指数は「ALGO SPEEDER」によります。コース有利データは「血統クロスオーバーX」によります。異常オッズ監視の過去データは、一週間分までとなります。

※オッズの更新について
中央競馬の前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
中央競馬のオッズの更新は、馬券アシストに登録していない場合、各レースの2時間前、30分前、10分前となります。

前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
直前情報は、重賞レース限定(障害レースを除く)で、全馬の厩舎関係者コメントを掲載します。
結果・成績・オッズ・配当などの情報は、かならず主催者発行の情報と照合してご確認ください。

情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、競馬最強の法則WEBおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。