競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

中央レース&成績

 

2019年8月18日  2回札幌2日目

札幌
11R
札幌記念 GII
2000m  3歳以上  オープン   国際  14頭 
定量 /  晴  15:45発走 
本賞金:7000、2800、1800、1100、700

厩舎・騎手

印を打つべきは関西馬&関西の騎手

過去10年、関西馬が[7.6.7.70]、関東馬が[3.4.3.49]、関西の騎手が[8.6.8.59]、関東の騎手が[2.3.2.55]と、厩舎もジョッキーも西高東低の気配。とりわけ「関東の騎手が乗った関東馬」は[1.2.1.34]と苦しんでいる。1〜3番人気に限定すると関西馬が[5.3.3.11]、関東馬が[0.2.0.6]、関西の騎手が[5.3.3.9]、関東の騎手が[0.1.0.7]と関東勢の不振がさらに目立つようになる。アタマは関西の騎手+関西馬の人気サイドがベストだ。

年齢・性別

穴を狙うなら6歳以上から。牝馬の健闘も目立つ

3歳馬が[1.1.1.8]で勝率9.1%、4歳馬が[3.1.2.23]で10.0%、5歳馬が[3.4.4.31]で7.1%、6歳馬が[3.1.1.24]で10.3%と、ここまではほぼ横並び。7歳以上になると[0.3.2.32]と2着が精一杯だ。6番人気以下の穴馬は10年で8頭が馬券に絡んでいるが、うち6頭は6歳以上だったから、穴を狙うなら古豪か。また牡馬・セン馬の[8.9.7.101]、勝率6.4%に対して牝馬は[2.1.3.18]の勝率8.3%と健闘。牡牝の差はないといえる。

ローテーション

前走G1の格上馬か、前走好走のG3組か

過去10年、前走が国内G1だった馬は[4.5.6.19]で勝率11.8%。このうち前走2ケタ着順だと[0.1.4.6]、前走10番人気以下だと[0.0.3.9]と信頼度は低くなるが、前走9着以内なら[4.4.2.13]、前走9番人気以内なら[4.5.3.10]と安定感を増す。前走G3組が[6.3.3.59]の勝率8.5%と対抗格。こちらも前走10着以下だと[0.0.0.16]、前走10番人気以下だと[0.1.0.19]だから、人気薄で負けていた馬の巻き返しは絶望的だろう。

前走・今回のレースぶり

前走は後方、今回は早めに動くタイプが狙い

過去10年の勝ち馬は、逃げ切りが2頭、4コーナー2〜4番手だった馬が5頭、6〜9番手の差し馬が3頭。先行勢やや優位、4コーナー10番手以下からの追込みは届かずという傾向だ。ただし勝ち馬10頭のうち前走で逃げていたのはトウケイヘイローだけ、4コーナー3番手以内も2頭。残り7頭は4コーナー7番手以下、うち5頭は4コーナー10番手以下だった。前走は控えたが今回は早めに動くというタイプが勝利をつかむレースだ。

※馬券アシストについて
馬券アシストは、中央競馬は有料(月額500円+税)で、地方競馬は無料です。
馬券アシストの有料会員にご登録いただきますと、次の情報を閲覧していただくことができます。ログインして閲覧ください。
[JRAのリアルタイムオッズ] [スピード指数] [コース有利データ] [異常オッズ監視]
スピード指数は「ALGO SPEEDER」によります。コース有利データは「血統クロスオーバーX」によります。異常オッズ監視の過去データは、一週間分までとなります。

※オッズの更新について
中央競馬の前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
中央競馬のオッズの更新は、馬券アシストに登録していない場合、各レースの2時間前、30分前、10分前となります。

前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
直前情報は、重賞レース限定(障害レースを除く)で、全馬の厩舎関係者コメントを掲載します。
結果・成績・オッズ・配当などの情報は、かならず主催者発行の情報と照合してご確認ください。

情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、競馬最強の法則WEBおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。