競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

中央レース&成績

 

2019年4月21日  2回東京2日目

東京
11R
サンケイスポーツ賞フローラステークス GII
2000m  3歳  オープン  牝 国際  18頭 
馬齢 /  晴  15:45発走 
本賞金:5200、2100、1300、780、520

前走の距離

芝1800m〜2000mを使ってきた馬が軸

前走が芝1800mだった馬は過去10年で[6.6.5.52]。前走が芝2000mだった馬は[2.3.1.41]と1800m組より率は落とすが、13番人気での2着・3着があって軽視は禁物の存在だ。この2つ以外のローテーションだと[2.1.4.50]と苦しくなる。勝ったのはアネモネS1着(ここまで3戦2勝・2着1回)のチェッキーノと、ゆきやなぎ賞1着(ここまで3戦2勝・3着1回)のサトノワルキューレ。まだ底を見せていない素質馬だけが勝負できる。

前走の人気・着順

中距離で1〜2番人気&4着以内確保が勝利のための条件

前走で1番人気に推されていた馬が[5.2.1.18]、2番人気だった馬が[3.2.2.24]と好調。また前走4着以内に入っていた馬が[10.8.6.82]と、ここで勝つための必須条件となる。「前走が芝1800mか2000m・1〜2番人気・1〜3着」という馬なら[7.4.2.24]と信頼感はさらに高まる。前走が3番人気以下だと[2.6.7.101]と2〜3着が多くなり、また1秒以上負けていた馬は[0.0.2.23]で、大敗からの巻き返しは難しい状況だ。

実績

マイル〜中距離で人気になり勝った経験が重要

芝マイル〜2000mのレースを1番人気で勝ったことのある馬が[9.5.3.40]で勝率15.8%、連対率24.6%とハイアベレージを残している。この条件を満たさない馬は[1.5.7.103]と2〜3着に負けることが増え、勝率0.9%、連対率5.2%と率的にも苦戦。この組で勝ったのは1800mを2連勝してきたモズカッチャンで中距離実績はあったといえる。短距離タイプや人気で勝ったことのない馬は割り引きたい。

厩舎・騎手

関西の騎手が率でリード。乗り替わりはマイナス材料

関東馬が[5.5.7.78]、関西馬が[5.5.3.65]で、ほぼ互角。6番人気以下で馬券に絡んだのも、関東馬・関西馬とも5頭ずつでイーブンといえる。騎手は関東勢が[6.7.8.114]で勝率4.4%、関西勢が[4.3.2.28]で勝率10.8%と、アベレージ的には関西勢が大幅リード。また前走と同じ騎手が乗った馬は[7.3.3.59]で勝率9.7%、乗り替わりがあると[3.7.7.84]で勝率3.0%、2〜3着が多くなる。アタマで狙うなら鞍上が固定された馬だ。

※馬券アシストについて
馬券アシストは、中央競馬は有料(月額500円+税)で、地方競馬は無料です。
馬券アシストの有料会員にご登録いただきますと、次の情報を閲覧していただくことができます。ログインして閲覧ください。
[JRAのリアルタイムオッズ] [スピード指数] [コース有利データ] [異常オッズ監視]
スピード指数は「ALGO SPEEDER」によります。コース有利データは「血統クロスオーバーX」によります。異常オッズ監視の過去データは、一週間分までとなります。

※オッズの更新について
中央競馬の前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
中央競馬のオッズの更新は、馬券アシストに登録していない場合、各レースの2時間前、30分前、10分前となります。

前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
直前情報は、重賞レース限定(障害レースを除く)で、全馬の厩舎関係者コメントを掲載します。
結果・成績・オッズ・配当などの情報は、かならず主催者発行の情報と照合してご確認ください。

情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、競馬最強の法則WEBおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。