競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

中央レース&成績

 

2018年3月18日  2回中山8日目

中山
11R
フジテレビ賞スプリングステークス GII
1800m  3歳  オープン  牡・牝 国際  13頭 
馬齢 /  曇  15:45発走 
本賞金:5400、2200、1400、810、540
単勝 馬名 条件別 騎手・斤量 調教師
性齢・馬体重
馬主・生産
1
Dubawi
バールドバイ
ポップアイコン
条件別 (美)北村宏司
56.0
(美)木村哲也
牡3
490 -4
ゴドルフィン
ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
「前走後は在厩しての調整。前走がいい勝ち方をしてくれたし、素質を感じる馬ですが、精神面で幼い面があり、本格化はもう少し先になりそうな感じがしますね。追い切りの動きは悪くありませんが、ここでどんなレースをしてくれるかでしょう」(木村調教師)。 ◎3戦目の未勝利(東京・芝1800m)は好スタートを控えて好位を折り合って追走。残り1ハロンで進路ができると素早く反応してスッと抜け出し、2着のアストラサンタンに1馬身半差を付ける完勝。勝ちっぷりの良さから昇級しても即通用しそうで、重賞のここでも一概に軽くは扱えないかも。
2
スクリーンヒーロー
ルーカス
メジロフランシス
条件別 (栗)M.デムーロ
56.0
(美)堀宣行
牡3
492 +2
有限会社シルクレーシング
戸川牧場
「前走は直前の追い切りで放馬のアクシデント。レースではハミを噛んで力んでしまいましたからね。気性面の若さが出てしまいました。この中間は人と馬とのコンタクトを重視。今は落ち着きがあるので、前回着けたチークピーシズは外して行く予定です。今日の追い切りは最後までシッカリ脚を伸ばしていたし、本当にいい動きでした。いい状態で臨めると思います。距離が1800mになる点も問題ないので、本番に向けて好レースを……と思っています」(森調教助手)。 ◎ホープフルSはチークピーシズを着用。そのせいもあったのか、多少力みが見られたものの中団で流れに乗る。勝負所でも手応えは良かったが、直線は思ったほど弾けず、タイムフライヤーから1秒差の6着。中山は初になるが、札幌の1800mで新馬勝ちから小回りにも対応は可能。東京スポーツ杯2歳Sでワグネリアンの2着があり軽視はできない。
3
エイシンフラッシュ
コスモイグナーツ
ナパ
条件別 (美)津村明秀
56.0
(美)高橋祥泰
牡3
460 -4
有限会社ビッグレッドファーム
高村牧場
「前走も自分の形のレースをしていましたが、決め手のある馬にやられてしまいましたね。レースにいくとテンションが高くなる傾向があり、制御するのが難しい点が今のこの馬の課題。それでも順調に調整ができているし、追い切りの動きも良かったですからね。ツーターンの舞台は合っているので、雨でも降って馬場が渋るようなら……と思っています」(高橋祥泰調教師)。 ◎共同通信杯はハナを切り、平均に速いラップでの逃げを打つ。勝負所から後続を引き離したが、さすがに直線に入ると脚色が鈍り、オウケンムーンから0.7秒差の8着。内回りの中山1800mに替わる点はプラスで、マイペースの競馬に持ち込めるようなら。
4
ハーツクライ
レノヴァール
データ
条件別 (栗)北村友一
56.0
(栗)高野友和
牡3
510 +4
有限会社キャロットファーム
ノーザンファーム
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にある程度やってあるので、今日はそれ程やる予定はなかったんですが、坂路で51秒台の好時計。少し速過ぎましたね。それでもここにきて成長が窺えるし、調教より実戦でいいタイプ。今回は重賞になりますが、前走勝った時と同じ舞台ですからね。ここも楽しみにしています」(高野調教師)。 ◎叩き2戦目の若竹賞(中山・500万・芝1800m)は中団から。勝負所から進出を開始し、そのまま直線に入ってもスピードは衰えず、前を行く2着のバケットリスト、3着のディロスを難なく交わして2勝目を上げる。勝ち時計は地味でも、いい勝ち方ができた一戦。長くいい脚を使うタイプで、上りを要する流れになれば出番は十分。
5
オルフェーヴル
エポカドーロ
ダイワパッション
条件別 (美)戸崎圭太
56.0
(栗)藤原英昭
牡3
492 -4
株式会社ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
田上徹
「1週前に併せ馬である程度やってあるので、今日は馬ナリでしたがいい動きでしたね。前走の小倉で結果を出してくれたので、中山の1800mでも大丈夫だと思います。ここにきて馬がシッカリしてきたし、輸送も前走で経験済み。自分のリズムで走れれば最後も脚を使える馬。何とかここで権利を……と思っています」(田代調教助手)。 ◎未勝利を勝って臨んだ“あすなろ賞(小倉・500万下・芝2000m・稍重)”は他馬の出方を窺いつつハナに。平均ペースに持ち込み、最後の3ハロンを11秒台でまとめ、まんまと逃げ切る。2着のスーパーフェザーに3馬身半差を付けて完勝。今回は初のオープン相手になるが、まだ伸びシロがありそうで警戒が必要な1頭になりそうだ。
6
ローエングリン
ハッピーグリン
レディセラヴィ
条件別 (美)大野拓弥
56.0
田中淳司
牡3
458 -4
会田裕一
社台ファーム
「先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリですが動きは良かったですね。右回りの芝・1800mは札幌(コスモス賞・ステルヴィオの3着)で経験済み。あとはこの馬の持ち味である末脚を生かせる展開になれば、ここでも……と思っています」(田中淳司調教師)。 ◎道営所属馬。川崎の重賞を叩いて臨んだセントポーリア賞(東京・500万下・芝1800m)は中団で折り合いに専念。4角では外目に出し、直線残り1ハロンでは手応えは十分。そこから仕掛けられるとラスト3ハロン全てが11秒台という速い上りを最速の末脚で差し切り勝ち。小回りは札幌で3、3着があり、問題ナシ。ここも要注目の1頭。
7
キングカメハメハ
ビッグスモーキー
スモークンフローリック
条件別 (栗)浜中俊
56.0
(栗)清水久詞
牡3
528 +4
有限会社社台レースホース
社台ファーム
「前走後は在厩しての調整。前走から中2週の競馬で輸送もあるので、今日は馬ナリでしたが、これで十分です。ここまでは至って順調にきていますからね。距離、コース形態は問題ないし、スタミナとパワーがあるので荒れてきた今の中山は合いそう。芝でもやれることを見せてくれた前走、重賞のここでも楽しみです」(清水久詞調教師)。 ◎2か月半振りのすみれS(阪神・オープン・芝2200m)はタガノスカイハイと2番手を併走。直線もバテズに粘っていたが、逃げたケイティクレバー(2着)を捕まえられず、後方から来たキタノコマンドール(1着)にも交わされて3着。それでも初芝だったことを考えれば善戦といえる内容。距離短縮はむしろプラスで、馬場が渋れば更に良さそうだ。
8
ロードカナロア
ステルヴィオ
ラルケット
条件別 (栗)C.ルメール
56.0
(美)木村哲也
牡3
466 +6
有限会社サンデーレーシング
ノーザンファーム
「前走後は放牧に出して疲れを取り、フレッシュな状態で帰厩しましたが、ここまではジックリと体を作ってきました。今日の追い切りは気を抜かせないようにしましたが、最後まで集中して走れていたし、いい追い切りができたと思います。今回は小回りの1800mですが、どの競馬場でも結果を出してくれているし、器用な立ち回りができるので大丈夫です。あとは無事に走ってくれれば……ですね」(木村調教師)。 ◎2か月半振りの朝日杯FSは4キロ増と好仕上がり。中団の後ろからの競馬でも、マイペースでリズム良く追走。勝負所で包まれ加減になったが、残り1ハロンから鋭く伸びてダノンプレミアムから3馬身半差の2着。ダノンプレミアムには2戦2敗と分が悪いが、能力は確か。距離延長もプラスに出そうで、スタートを決めてある程度の位置で運べるようなら。
9
PioneeroftheNile
フォルツァエフ
PaintedWoman
条件別 F.ミナリク
56.0
(栗)森秀行
牡3
476 -9
大野剛嗣
JimR.Wells&JanieWells
「地方交流で未勝利勝ちした馬ですからね。現状は芝よりダートの方が合っている感じですね。本当に良くなるのはもう少し先になると思うし、相手も揃っているので……」(日高調教助手)。 ◎指定交流レース(園田・中央未勝利・ダ−ト1400m)は好位を追走。4角で先頭に立ってそのまま押し切って勝利。勝ち時計の1分31秒6は平均より遅く、芝は1回経験しているものの、成績は案外。昇級初戦+重賞では見送りが妥当。
10
ハービンジャー
カフジバンガード
エミリア
条件別 (美)内田博幸
56.0
(栗)松元茂樹
牡3
474 +4
加藤守
酒井牧場
「ゲート練習を入念にやっていたのですが、結果的に前走は出負けが痛かったですね。この中間は順調に調整ができたし、1週前に坂路である程度やってあるので、今日は馬ナリ。追い切りはやれば動く馬ですが、いい動きだったと思います。トモが甘いので切れる脚は使えませんが、長く脚を使えるタイプ。それだけにスタートを決めて前々での競馬が理想ですね。あとは適度に時計を要するようなら」(古川調教助手)。 ◎共同通信杯は出負けをして中団の後ろから。直線は内目を突いて伸びてきたが、上位の4頭には伸び負けてオウケンムーンから0.3秒差の5着。着差はそれ程ではなく、スタートを決めて、もう少し前目で競馬ができるようなら。
11
ハーツクライ
ゴーフォザサミット
ラグジャリー
条件別 (美)田辺裕信
56.0
(美)藤沢和雄
牡3
500 +0
山本英俊
矢野牧場
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。先週、今週とジョッキーに乗ってもらって追い切りましたが、動きは良かったと思います。前走が行き脚が付かずに後ろからの競馬。もう少し前で競馬ができたら……といった感じでした。最後はいい脚を使ったんですが……。いい脚を長く使えるタイプですが、今回は内回りの1800m。やはり前半の位置取りがポイントになりそうですね。ただ、重賞でもやれる力は持っていますからね」(津曲調教助手)。 ◎3か月振りの共同通信杯は8キロ増でも太目ナシ。出遅れて離れた後方からの競馬になったが、直線は狭い内からグングン伸びてオウケンムーンから0.3秒差の4着。上り33秒2の最速の末脚を駆使した内容から、スタートが五分だったら……と惜しまれる。百日草特別のように前目でレースができれば、未勝利勝ちした舞台でもあり、可能性がありそう。
12
ステイゴールド
マイネルファンロン
マイネテレジア
条件別 (美)柴田大知
56.0
(美)手塚貴久
牡3
458 +0
株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン
ビッグレッドファーム
「前走は控える競馬で結果を出してくれたし、収穫のあったレースだったと思います。この中間は在厩しての調整ですが、1週前、今週と2週に渡っていい動きをしてくれたように状態も上向いています。今回は重賞で相手は強くなるし、本格化はもう少し先になる馬ですが、頑張って欲しいですね」(手塚調教師)。 ◎2か月半振りのフリージア賞(東京・500万・芝2000m)は出が一息で後方から。勝負所からジワッと進出を開始し、4角では前から2列目の外まで追い上げる。直線は一旦抜け出したが、外から来たギベオンに交わされたが、3着のブレステイキングに競り勝って2着は確保。相手なりに走れるタイプで馬場も不問。ここも注意は必要だろう。
13
キングヘイロー
ライトカラカゼ
スマイルコンテスト
条件別 (美)丸山元気
56.0
(美)相沢郁
牡3
464 -10
星野壽市
千代田牧場
「前走後は一旦放牧に出してリフレッシュ。1週前にある程度やってありますが、今日も併せ馬で一杯に。相手が調教駆けする馬なので遅れは想定通り。前走が未勝利を勝ったばかりで重賞で4着。今後にメド立つ走りをしてくれたし、今は落ち着きも出ていい雰囲気になっています。兄(クリールカイザー)以上の力を持っていると思うし、1800mも大丈夫。ここも期待を持って臨みたいですね」(相沢調教師)。 ◎未勝利を勝って臨んだ京成杯は中団の外目。直線も大外からオッと思わせる感じで伸びてきたが、勝ったジェネラーレウーノ以下2頭に交わされて0.4秒差の4着と健闘。控える競馬でも好走できたことは収穫で、中山もOK。1勝馬とはいえ、軽く見ると痛い目に遭うかも。

※馬券アシストについて
馬券アシストは、中央競馬は有料(月額500円+税)で、地方競馬は無料です。
馬券アシストの有料会員にご登録いただきますと、次の情報を閲覧していただくことができます。ログインして閲覧ください。
[JRAのリアルタイムオッズ] [スピード指数] [コース有利データ] [異常オッズ監視]
スピード指数は「ALGO SPEEDER」によります。コース有利データは「血統クロスオーバーX」によります。異常オッズ監視の過去データは、一週間分までとなります。

※オッズの更新について
中央競馬の前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
中央競馬のオッズの更新は、馬券アシストに登録していない場合、各レースの2時間前、30分前、10分前となります。

前日予想オッズは、競馬最強の法則WEBの独自集計データです。
直前情報は、重賞レース限定(障害レースを除く)で、全馬の厩舎関係者コメントを掲載します。
結果・成績・オッズ・配当などの情報は、かならず主催者発行の情報と照合してご確認ください。

情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、競馬最強の法則WEBおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。