競馬最強の法則WEB 競馬最強の法則WEB トップへ戻る
無料会員登録有料情報の申込みと解除
最強予想 ブログ 中央 レース&成績 地方 レース&成績 予想大会 POG大会 馬掲示板

億の馬券術 RB☆STRIKE! Online|競馬予想情報のスタンダード・競馬最強の法則WEB

RB☆STRIKE!とは

 RB☆STRIKE!とは、出走馬の競走成績からその純粋な能力をルール値で評価し、各馬・各買い目の的中率を算出して、期待値の高い馬券のみを買うという、RB☆STRIKE社が独自に開発した、自らの馬券投資を支えるシステムである。
 出馬表に載る全馬について、国内全出走歴(地方競馬を含む)をチェックし、その能力をルール値で評価している。
 一般的には、レースのクラス条件、着順などによって出走馬の評価を行うが、次のような難解なメンバー構成の場合でも簡単に各馬の能力を判断することができる優れものだ。

A馬の前走:福島 特別戦500万以下 16頭立 5着
B馬の前走:東京 500万以下 9頭立 3着
C馬の前走:中京 障害戦オープン 10頭立 2着 →(障害帰り)
D馬の前走:阪神 1000万以下 15頭立 11着 →(降級)

ルール値の革新性

ルール値の最大の特徴は、コンピューターで各馬の対戦成績を次々と比較して弾き出した評価値に、さらに馬の出遅れ、進路不利、展開の有利不利、コーナーロスなど、従来の能力指数では見過ごされていた要素をチェックして、補正評価を加えていること。
従来のデジタル算出された指数は、出遅れ、騎手のミス、コーナーロスといった事情も、馬の能力値として処理されており、それが指数予想の弱点となっていた。
ルール値では、コンピューターが弾き出す評価値自体、広く知られているタイム系のスピード指数とは全く異なる手法で算出されていることに加えて、実際のレースで起こる上記のような事情も考慮して評価値を補正算出し、見事に弱点を強みに転換してしまった。
RB☆STRIKE!社は、大変な労力をかけて開発しメンテナンスを続けるルール値に絶対の自信を持っており、事実、このシステムが競馬を資産運用の手段に変えたのだ。
ルール値の内容について、詳しくはこちらを参照してほしい。


RB☆STRIKE!は、究極の馬券投資システムになった!

RB☆STRIKE!において、大きく進化したポイントを挙げておこう。

【ルール値の精度に関わる改善】

●当日予想データ、直前予想データを配信
 競馬予想は、レース前日よりも当日の天候、馬場状態、直前の馬体重変動まで加味したほうが、精度が上がることは確実だ。
 RB☆STRIKE!では、新たに当日予想データ、直前予想データも配信する。
 予想は、当日の第1レースが始まる45分前を目安に、天候、馬場状態を考慮した予想ルール値、的中率、予想印、予想買い目に更新され、さらに各レース発走時刻の18分前を目安に、各馬の馬体重変動を考慮した予想ルール値、的中率、予想印、予想買い目に更新される。

●ルールポイントのリバース補正
 競走馬の能力を表す絶対的な指標であるルール値は、各馬の対戦成績と物差し馬から算出されている。しかし、対戦成績が全くない新馬戦については、入線タイムの差を比べるほかなく、タイム差が少ないレースは低レベルと判定されるということがあった。
 たとえば、後に伝説の新馬戦といわれるレースも、レース後すぐにそのレベルがわかるわけではなく、出走馬たちが次々に勝ち上がることで次第に判明していくものだ。
少しでも予想ルール値の精度を上げるため、RB☆STRIKE!では、ルール値を求めるためのルールポイント(基準タイムのようなもの)は変更しないという従来の方針を止め、ルールポイントを毎週見直すように変更された。つまり、2戦目、3戦目終了時点で新馬戦まですべて遡って正確にルールポイントを改定する仕組みになった。

●予想的中率の算出方法を変更
 従来、予想的中率は、過去レースを集計して統計的に得た約200パターンの分類によって設定されていたが、RB☆STRIKE!では、予想ルール値から特定の計算式によって導かれる仕組みに変更された。
 これにより、予想ルール値の小さい差までより正確に予想的中率に反映されるようになった。

●コース適性に距離ファクターを導入
 コース適性は、億の馬券術ソフト2から導入された理論。競走馬の過去の成績からコースごとに必要な瞬発力、先行力を分析し、それを加味して今回ルール値を設定する方法だ。
 競馬場、トラック、馬場状態別に競走馬に求められる適性を設定していたが、ここに距離別も追加された。これにより、距離変更や開催替わりのレースにおいて精度が改善される。

●トラック係数の競馬場・トラック・馬場状態・距離別設定
 初代の億の馬券術ソフトから「芝とダートでは走破タイム1秒の価値が違う」という考えをベースに、トラック係数を設けて各馬を比較し、ルール値(成績値)を決定する仕組みを導入していた。
 億の馬券術ソフト2では、「競馬場、馬場状態による違い」も考慮し、さらに精度が向上。
 そしてRB☆STRIKE!では、「距離による違い」も計算されるようになり、一千m戦などの特殊な距離のレースで精度向上が図られた。

●昇級補正の導入
 例えば、新馬戦を持ったまま優勝してルール値60だった馬が、次走で出走馬のルール値平均100の古馬重賞に出走したとしても、その差のルール値40分だけそのまま負けるわけではない。何故なら競馬にはペースがあり、速いペースでないと強い馬と弱い馬の着差が大きく出ないからだ。
 そこで、この例にあてはめるとルール値60+ノビシロ分だけ走るだろう、という昇級補正の考え方が新たに導入された。

【馬券の選択・投票に関わる改善】

●レースを絞る新指標を追加
 データ競馬の場合、データ数が少なければ少ないほど不確定要素が多くなり精度が落ちる。
 そこで億の馬券術では、精度が落ちるレースは買わず、その浮いたお金を精度が高いレースに投じることを推奨してきた。それが、馬柱の過去走が少ないレース、つまり「充足率」が低いレースは買わないという方法だ。
 RB☆STRIKE!からは、不確定要素をさらに細かく判断するために、以下の指標が追加された。
 [初出走率]、[休み明け率]、[初トラック率]、[初距離率]、[初コース率]、[初馬場状態率]

●予測オッズの導入(10分前投票)
 締め切り直前まで粘って期待値の高い馬券を買うことはできるが、誰かがドカンと同じ買い目を買えばオッズは一気に下がってしまう。それなら先に馬券を買って他の人に買われ難くし、最終的に適正なオッズに戻そうというのが、RB☆STRIKE!の10分前投票の取り組みである。
 しかし、ローカル開催の午前中のレースなどでは、10分前のあまり当てにならないオッズで馬券を買わなければならないというデメリットも生じてしまう。
 そこで、この問題を解決するために考えられたのが、「予測オッズ」だ。売り上げの少ないレースによくあるオッズの偏りを均し、確定オッズを予測したオッズを作成してしまうのである。
 まず各馬券種類について、オッズから馬番ごとの売り上げシェアを計算し、その馬券種類の売り上げ票数を掛ける。そして、この馬番ごとの売り上げ票数を合計し、オッズを計算し直して確定オッズを予測したオッズを作成する。
 もちろん、締め切り直前に誰かがドカンと買えば、予測オッズと確定オッズが大きく異なるケースも生じる。しかし、予測オッズで締め切り10分前までに馬券を買えば、少なくともRB☆STRIKE!のユーザ同士でオッズを下げてしまう状況は回避される。
RB☆STRIKE! トップへ RB☆STRIKE!とは RB☆STRIKE!の見方・使い方 RB☆STRIKE!出馬表サンプル 過去のRB☆STRIKE!出馬表 的中情報 馬券生活指南ブログ 料金メニューについて 以下のコンテンツは有料登録が必要です。 今週のRB☆STRIKE!出馬表 (有料)